黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
石巻市の震災がれき受け入れのニュース。

北九州市の北橋市長が石巻市の震災がれき受け入れに向けて、

先週の23~25日の3日間にわたり試験焼却を始める事になりましたが、

前日の22日朝、北九州市小倉北区にある不燃物保管施設「日明積出基地」に

トラックにて石巻市のがれきを搬入する際、試験焼却に反対する地元住民約40人が

横断幕を掲げて激しい抗議活動を繰り広げたため、トラックは立ち往生し、

がれきの搬入が予定より約8時間半遅れ、夕方になったという報道がありました。

images_20120819145819.jpg

反対派の2人が福岡県警の強制排除に抵抗し公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕された

このニュースの発端は数ヶ月前のこと。

北九州市環境局刊行の「災害廃棄物の受入検討に関するQ&A」によると

北九州青年会議所が3月、市民737人を対象に実施したアンケートでは

がれき受け入れに69.7%が賛成しており、反対は1割未満であったため、

調査結果から青年会議所は、広域処理を後押しする提言書を市に提出、

震災後の瓦礫状況の視察を繰り返し、宮城県より正式に要請を受け、

今回瓦礫の受け入れに踏み切ったということです。

images (1)

ただし、試験焼却前に充分な市からの説明がなかったこと、

市民が自由に参加できる説明会が試験焼却前に開かれなかったこと、

そして二転三転する放射能基準、これらに対する不信感から、

市民の「放射能がれきNO!」という感情が高まるのも無理のないことです。

images (2)

しかしこの抗議の様子を見る被災地の方の感情も気になるところ。


目に見えず、まだまだ明確なことが分からない放射性物質。

だからこそ対策も難しく、様々な風評被害が出るのだと思います。

そして政治に対する不信感。

どこまで信用すれば良いのか分からない不安はあります。

そのことで、危険で無いものまで危険と見なしたり、

逆に気をつけなければならないモノも鵜呑みにしたり・・・。


地震が残した爪痕は大きいですが、それ以上に不安という種が

みんなの中で花開いているのでしょう。



日本は島国だしみんなで助け合わないといけないという思いと、

子供のことを考える親御さんの気持ちと政治への不信。

両者が板挟みとなってのしかかってきます。

情報が散乱する時代だからこそ、風評に惑わされることなく

正しい情報をくみとって行動していくべきだとは思うのですが

何が正しいのか分からない今、瓦礫受け入れに対しては私は何とも言えません。




スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

震災から1年。


本日で震災から1年が経とうとしています。


東京にある国立劇場では、追悼式典が開催され、


地震が起きた午後2時46分に1分間の黙祷が捧げられました。


images (1) images_20120311230325.jpg



先日心臓バイパス手術を受け、左胸水貯留状態にある天皇陛下も臨席し


追悼の意を表しました。


images11.jpg


あの日、多くの人や動物たちが命を落とし、家族や住む家を失いました。


images (3)


震災より一年と言いますが、いまだに原発の影響で家に帰ることも出来ない方


避難生活を余儀なくされている方、


故郷に帰れず、新しい土地で不慣れな生活を送っている方、


家族と会えず今も行方不明になっている方、


家族と会えず、懸命に生き延びようとしている動物たち、


そして失われていった沢山の命・・・


いまだ地震と津波の傷跡を残し、余震におびえて暮らす方々にとって


今日という日は、区切りではなく、通過地点でしかないのだと思います。



震災後、一時は地震に関する報道が少なくなっていましたが、


今日は各局こぞって震災の報道に切替えました。


震災を風化させない


その気持ちは重要ですが、できればメディアの力を使って


復興の礎になるような取り組みを常日頃からして頂きたいと思います。



そんな偉そうなことを言っている私も、出来ることと言えば


定期的に行っている募金ぐらいしかないのですが、


はやく、以前のような美しい三陸海岸にもどり、


沢山の人々や動物たちの幸せな日常が戻ってくることを


切に願いながら、黙祷を捧げたいと思います。


images (2)



テーマ:東日本大震災 - ジャンル:ニュース

ニュージーランド・クライストチャーチの地震から1年。
日本人留学生28人を含む185人が死亡したニュージーランド・クライストチャーチの地震から


今日で早くも1年が経ちます。

images (6)

同国第2の都市を襲ったマグニチュード(M)6.3の地震は、


街の象徴だった大聖堂など多くの建物を損壊させ、


語学学校が入居していたカンタベリーテレビ(CTV)ビルは倒壊し、


死者のうち115人は、倒壊したこのビルのがれきの下敷きとなりました。


images (3) images_20120303075022.jpg



甚大な被害を受けた南島クライストチャーチ市内のラティマースクエアでは、


本日追悼式典が営まれました。


images (2)


式典ではキー首相が「2011年2月22日は、最も悲しい日としてわが国の歴史に残るだろう」と述べ、


images (7) images (4)

犠牲者一人一人の名前が読み上げられた後、地震が発生した午後0時51分


(日本時間では午前8時51分)には、参列した遺族や市民ら計8万5千人が黙祷をささげました。


最後には犠牲者の再生を願い、185匹のチョウが大空に放たれました。


日本からも犠牲者24人の遺族や友人ら約90人が現地入りし、


日本人犠牲者28人全員が被災したビル倒壊跡地で、最愛の人の冥福を祈りました。


学生12人が犠牲になった富山外国語専門学校(富山市)でも追悼の集いが開かれ、


学生約80人が出席し、地震が発生した午前8時51分には全員で1分間の黙とうを捧げました。


images (5)

現地では今でも強い余震が続き、昨年末にもM6前後の余震が発生しています。


市内は今も、被害の段階別にいくつかの地区に色分けされており、


最も被害の大きかった「レッドゾーン」では、倒壊の恐れがあるとして住宅約6800棟の取り壊しが


決まり、これまでに住民の約半数が土地の買い上げに応じています。



式典でキー首相は復興の前進を強調し、「クライストチャーチは活気のある


住み良い街に生まれ変わる」と宣言しました。


市中心部の主要ビル26棟の建設工事が始まり、インフラ復旧工事も進む一方で、


市を離れていく住民も多く、統計によると、すでに地震発生後1万人以上が転出しています。



現在もなお、立ち入りが禁止されている地区が残されているものの、


新たにコンテナを用いたショッピングモールが整備されるなど、


クライストチャーチは徐々に活気を取り戻しています。
 


遺族らは式典後、現在も余震による二次災害防止のため封鎖されているCTVビル跡地を訪問。


多くの遺族にとって跡地に立ち入るのは初めてとみられ、花を手向けたり記念撮影をしたり


して、故人との再会を果たしていました。


images (1)

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

フィリピンの地震

ニュージーランド、そして東北地方で起きた地震からもうすぐ一年。

今日フィリピンで大きな地震が起きました。


最近以前より地震のニュースを良く耳にするようになりました。

福岡でも以前地震がありましたが、喉元過ぎれば熱さも忘れ、

防災対策をまだ何もしていません。強いていえば懐中電灯くらい。。


いい加減にちゃんと対策をしたいと思います。あるもいるしね。。。



フィリピンの 地震ニュース

本日午前11:49頃、フィリピンのネグロス島南東部の沿岸都市ドゥマゲテから約70キロの沖合で

マグニチュード(M)6.8の地震が発生。夜にかけてM5.2~6.0の余震が相次いだ。

同島東部のギフルガンでは土砂崩れが発生し、29人が行方不明になっている。

地震による死者は7日(現地時間)までに48人に上り、92人が依然として行方不明になっており、

国軍による捜索が続いている。

捜索活動には兵士1000人が出動し、国軍のヘリコプター2台も送り込まれた。

米地質調査所(USGS)によると、地震の規模を示すマグニチュード(M)は6.7、

震源の深さは約20キロだった。フィリピン政府はビサヤ諸島とミンダナオ島の一部に津波警報を発令した。


images (1) images (2)

※画像はGoogleより抜粋


テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

震災から2ヶ月。
3月11日、14時46分に起こった


東北大震災から丁度2ヶ月が経ちました。


まずは亡くなられたすべての生き物たちの


冥福をお祈りしたいと思います。


震災が起きる前には当たり前のことだった日常が


今では決して味わうことの出来ない時間となりました。


地震・津波・原発問題に風評被害と

想像もつかなかったようなことが、いくつも起きてしまい、

今も被災地は苦しんでいます。

度重なる強い余震や、長期化する避難生活

今後の補償問題や仕事への不安、

原発問題で自宅に帰れず、

置き去りにせざるをえなかった動物達。

飼い主と離れ離れのまま餓死した生命も少なくないはずです。


福島原発の問題さえなければ、震災からの復興も

今より加速していたはずですが

未だに漏れ続ける放射能によって、

思うように復興は進まず、

最近になってようやく時間や身体的制限付きの

帰宅ができるようにはなりました。

しかし、奇跡的に命を取り留めた動物たちも

避難させることは叶わず、

多くの家畜たちが殺処分されるという

悲しい事態に陥っている現実があります。

ほとんどの動物たちが家族に会えず、

または会えたにしても一緒にはいられず

人間の都合で、震災で助かった命を消されようとしています。

防護服に身を包み、我が家に2時間しか帰れず

持ち帰るものにも制限だらけ。

そんな彼らが、傷心の中見つけた希望も

手に入れることすら叶わず、

また避難所に帰るしかない住民たちの悲しみは

図りしれません。


これから暑い夏がやってきます。

浜岡原発の停止により、電力供給量の低下を招き

我々が過去、一度も経験したことのない暑い夏が

やってきます。


被災地の電力だけは確保していただきたいものです。


最近は被災地に加え、和歌山でも震度4の地震を

観測しました。

ここ数日台風の接近や大雨の影響もあり、

全国的に天災が懸念されています。


もし、自分の身に何か起きたら…

最近そんなことを考える時間が多くなりました。


とりあえず今は自分にやれることを

するしかないのでしょう。

地震への備えをして、日々を生きること

それしかないのだと思います。

職場では前にも増して節電を行うようになりました。

周囲の理解も少しずつですが増してきているようです。


今日を一生懸命生きて、元気出して

被災地のためにやれることをしよう。

そう感じた一日でした。

テーマ:東北地方太平洋沖地震 - ジャンル:ニュース


copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。