黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
児玉清さんの訃報
今月16日に、胃がんのため逝去された

俳優・児玉 清さんこと、本名・北川 清さん(享年77)の

告別式が本日、東京・護国寺の桂昌殿で行われました。

imagesCAID5LC1.jpg  imagesCAWDJ5FN.jpg

法名は修讀院釋清優で、児玉さんが読書好きであったこと、

本人の名前と優しくて清らかという意味が込められている。

1  imagesCAEE6P4A.jpg

告別式には、児玉さんのものまねで人気を呼んだお笑いコンビ

「博多華丸・大吉」の2人や、

images_20110523181022.jpg imagesCA595RPB.jpg

女優の草刈民代さん、矢田亜希子さん

imagesCA40INIM.jpg imagesCAMEFAHP.jpg

歌手・瀬川瑛子さんら芸能関係者660人が参列した。

また、大勢のファンが集まったことから、ファンのために

急遽、敷地内に焼香台が設置され、500人以上のファンが

最後の別れを惜しんだ。

imagesCA062DEV.jpg  imagesCASS2LOB.jpg

親族を代表して挨拶した長男で元俳優・モデルの会社員

北川大祐さん(41)は

「父は俳優としていろいろな仕事をしてきましたが、

我々家族にはいつも『自信がない。不安だ』と情けない愚痴ばかり

言っていました」と完璧を求めた父の姿を回想。

「でも今日、多くの方に送っていただけました」と感謝した。

imagesCAI7E2NZ.jpg

出棺の際にはファンから「ありがとう」「アタックチャンス!」

などの声が飛んだ。

20日、同所で行われた通夜には、俳優の阿部寛さん、谷原章介さん、

玉木宏さん、八嶋智人さん、女優の松たか子さん、天海祐希さん、

多部未華子さん、司葉子さん、反町隆史さんと松嶋菜々子さん夫妻、

お笑いコンビ「タカアンドトシ」ら親交のあった芸能人や、

著名人を含め900人が訪れ、400の供花が届けられた。

imagesCAEWU0UM.jpg imagesCABWOMH8.jpg

遺影は07年、ドラマ「ドリーム☆アゲイン」(日本テレビ系)に

天国案内人の老紳士役で出演し、取材を受けた際の写真が

遺族によって選ばれ、祭壇には白い菊やコチョウランが飾られた。

imagesCAGW1O13.jpg

児玉さんは、1933年12月26日に東京市滝野川区(現・東京都北区)で

生まれる。

東京都立工芸高等学校卒業後、学習院大学文学部ドイツ文学科入学。

入学後、演劇部に入部。当初は道具係だったが、上背があるということで

無理矢理舞台に上がらされた。

その後、先輩の篠沢秀夫(現・学習院大学名誉教授)に見出され、

篠沢が企画していた仏語劇『ブリタニキュス』の主役に抜擢。

見事に演じ切り高い評価を得た。

児玉さんは本来は役者志望ではなく、学者になるため、大学院進学を

目指していたが、学部卒業式の当日、母が急死。

就職先を探さねばならなくなり、知人が応募してくれていた

東宝映画第13期ニューフェイスの面接試験に臨み、合格。

東宝専属となったものの、セリフのない通行人役が長らく続く。

10年間は俳優として頑張ろう!と心に誓い、端役を演じ続ける。

3年後、『別れて生きるときも』で司葉子の初恋の相手役に抜擢。

その後、黒澤明監督作『悪い奴ほどよく眠る』などで好演。

1964年8月、東宝専属の中堅女優だった北川町子と結婚。

1967年に東宝を退社してフリーとなり、テレビに活動の場を移す。

以後、水前寺清子主演の『ありがとう』で一躍人気を得て、

ホームドラマなどで大活躍する。

1975年にクイズ番組『パネルクイズ アタック25』の司会者となり、

30年以上にわたり司会を行っていた。

2

1990年代から本業だったテレビドラマの仕事に消極的だったが、

2001年のドラマ『HERO』の出演依頼を断った際に、

娘から説得され一転して引き受けたという。

2002年、児玉さんのマネージャーを務めていた娘が

当時4歳の息子を残し、胃癌により36歳の若さで亡くなる。

ちなみに息子は北川大祐で、一時期タレントとして活動していたが、

後に引退して会社員をしている。

この頃より俳優としての出演も増え、

若い世代からも人気を得るようになった。

2003年6月からは『テレフォン人生相談』のパーソナリティを担当。

児玉の実体験を交えて悩みに回答し、リスナーからも親しまれていた。

T.M.Revolutionの西川貴教から「理想の父親」として尊敬され

ニッポン放送『西川貴教のオールナイトニッポン』に度々出演。

2010年には19年ぶりのNHK大河ドラマとなる『龍馬伝』に出演。

主人公・坂本龍馬の父・八平を演じ、これが遺作となった。

なお、最後の仕事は、2011年3月23日に行われた

NHK BSプレミアムPR用のミニ番組だった。

2011年2月下旬に体調不良を訴え、都内の病院で検査を行い

胃がんが発見され、3月下旬より入院、詳しい検査と治療に努めていたが、

4月より、肝機能障害により緊急入院。

肝臓への転移もあり、手術不可能な状態だったという。

療養のため、テレビ・ラジオ全番組の出演を休業していた。

ゴールデンウィークを過ぎてから容態が急変し、

2011年5月16日午後0時28分、

胃癌のため東京都中央区の聖路加国際病院で逝去。77歳。


緊急入院する直前、『文藝春秋』の東日本大震災に関する特集記事

「われらは何をなすべきか」に寄稿。

内容は「この国の危機管理のお粗末さに日々唖然」から始まり、

「決死で頑張るとか精神論を披歴するだけ、

まるで昔の旧軍人総理となんら変わらない幼稚さ」であると

菅直人首相の震災への対応について酷評。

福島第一原子力発電所事故に対する対応についても

「日本は完全に幼稚化した人間たちが

リーダーシップを握っていることを露呈」などと綴っている。


クイズ番組『パネルクイズ アタック25』は児玉さんの代名詞であり

博多華丸さんの、ものマネでも有名。

関係者によると、撮影の休憩中には児玉さん自ら出場者と観客に

飴玉を配り、緊張している出場者をリラックスさせる役目を担っていた。

また、毎回収録が終わると、観客を最後の一人まで見送っていた。

見送りの際、色紙にサインを渡す相手の名前を聞いて書いていたほど

律儀な姿勢を貫いた。

2011年4月、緊急入院のため、4月10日分の放映分収録を最後に、

休業に入った。4月17日以降の放送分では代役として、

ABCアナウンサーの浦川泰幸が司会を務めてきた。

5月9日に、早ければ5月12日の収録より復帰することが報道されたが

5月11日、「しばらく休ませてほしい。復帰の際は事務所から発表します」

と連絡があり、無期限休養に入ったことが明らかにされた。

ABCサイドは「児玉さんを待ちたい」と、司会交代については否定。

児玉は入院中も、復帰に意欲を見せていた。

「去年(2010年)の10月に胃カメラ飲んどけば良かったんだなぁ」と、

病気の早期発見が出来なかったことを悔やむ言葉を漏らしていたという。

17日夜より、ABCは番組公式サイトにて児玉への追悼メッセージを掲載。

ABCでは22日の『アタック25』の通常放送を休止し、追悼特別番組を放送。

5月19日に収録が行われ、浦川と加藤が司会を担当。

『アタック25』のプロデューサーを17年間務めた、

現・ABCテレビ制作部部長の岩城正良氏は

「叱ってもらえる人が他界された…。本当に寂しい限りです。

安らかに永眠されることを願っております」と哀悼のコメントを寄せた。

『アタック25』については5月29日以降、

浦川が司会を引き継ぐうえで番組を継続することが決まり、

浦川は「児玉さんに対し、恥ずかしくない司会をやっていきたい」と

決意を新たにした。



もう、児玉さんの「アタックチャーンス」が聞けなくなることと

あの独特の演技が見れなくなるのは寂しいですね。。。

これからは大好きな本をたくさん読んでほしいです。

ご冥福をお祈りします。。。

imagesCAPJ28NR.jpg
スポンサーサイト

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。