黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
映画『パイレーツオブカリビアン 生命の泉』を観ましたよ(´▽`)
今日は、今月20日に日本で公開された

『パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉』を観に

ぱぱさんとキャナルシティに行ってきましたよ(´▽`)

images_20110524205956.jpg

imagesCANO6KZ0.jpg

この映画は、ジェリー・ブラッカイマー製作による

『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズの第4作目。

監督は3作目までを担当したゴア・ヴァービンスキーから

ロブ・マーシャルへとバトンタッチしている。


前作『ワールド・エンド』の公開直前、

ジェリー・ブラッカイマーは三部作で完結すると発言したが、

同時にスピンオフを製作する可能性について言及。

その後『ワールド・エンド』の初週末成績が好調となると、

ディズニーのディック・クックが4作目に興味を持っていると

述べ、2008年9月25日、ディズニーのイベントで、

クックとジョニー・デップによって

第4作目の企画が始まっていることが発表された。

ブラッカイマーは、当時『Bioshock』の映画化企画が保留中であった

ゴア・ヴァービンスキーが再び監督することを望んでいたが

結局、ロブ・マーシャルとの交渉に入り、正式に監督に決定。

2008年9月、ジョニー・デップはジャック・スパロウ役で出演する

契約を交わした。

ジェフリー・ラッシュはバルボッサ役で再出演。

他に、グレッグ・エリスがセオドア・グローブス役、

ケヴィン・マクナリーがジョシャミー・ギブス役で再出演。

一方、エリザベス・スワン役のキーラ・ナイトレイと

ウィル・ターナー役のオーランド・ブルームは出演を辞退。

新たなキャストでは、悪役の黒髭にイアン・マクシェーンが抜擢。

また、黒髭の娘でジャック・スパロウの恋人であるアンジェリカ役を

ペネロペ・クルスが演じる。

スティーブン・グラハムはジャック・スパロウの相棒のスクラムを演じる。

アストリッド・ベルジュ=フリスベが人魚シレーナ役、

モデルのジェマ・ワードも人魚タマラ役として登場。

主要撮影は2010年6月14日にハワイで開始。

8月にはカリフォルニア州に移動し、

数場面がロンドンのパインウッド・スタジオで撮影された。

2010年11月19日に撮影が完了した。

ディズニーのリッチ・ロスによると製作費は2億ドル。

1  mail_20110524211913.jpg

キャプテン・ジャック・スパロウが漕ぎ出す新たな航海。

それは、永遠の生命をもたらすという

伝説の“生命の泉”を探す旅だった。

禁断の宝を求めて、実在した史上最恐の海賊“黒ひげ”や

ジャックの宿敵バルボッサたちが動き出す。

さらに、ジャックの前に姿を現したのは、

かつて愛した女海賊アンジェリカ。

それぞれの野望と裏切りが渦巻く中、

幾重にも仕掛けられた罠と謎を解き明かし、

“生命の泉”に辿り着くのはジャックか?それとも……?



あらすじはこの下に記載していますよ。

(ネタバレ・物語の結末まであり。見たくない人は要注意ですよ☆)






あらすじ―

シリーズ第三作目『ワールドエンド』のラストで

“生命の泉”の地図を手に入れたジャック・スパロウ。

しかし彼の愛船ブラックパール号は、

甦った宿敵バルボッサによって奪われてしまった。

それから月日は流れ、

スペインで、ある一人の男の死体が発見される。

その男が持っていたのは、「永遠の命が得られる泉」に関する記録。

こうして動き出すスペイン軍を背景に物語は動き出す。

同じ頃、ロンドンではジャック・スパロウが逮捕される。

しかし実際に捕まっていたのは相棒の

ジョシャミー・ギブス (ケヴィン・マクナリー)だった。

ギブスを救出するため、裁判官に変装し法廷に現れる

本物のジャック・スパロウ(ジョニー・デップ)。

危うく絞首刑にされそうだったギブスを島流しの刑にして

看守を買収し、護送車に一緒に乗り込む。

ジャックは“生命の泉”の地図をギブスに見せ、

生命の泉への冒険にギブスを誘い、二人で盛り上がっていたが

実は買収したはずの看守は、政府にも買収されており、

あっさり政府に捕まってしまう。

5

逮捕されたジャックの前に現れたのは、

太っちょメタボの英国王ジョージ2世(リチャード・グリフィス)と、

そして片足をなくしたヘクター・バルボッサ(ジェフリー・ラッシュ)だった。

バルボッサは、片脚が義足になりながらも、公的海賊となり、

イギリス海軍に入り、英国王ジョージ2世に仕える海軍将校となっていた。

ジョージ2世より、直々にジャックに「生命の泉探索命令」が下るが

逮捕時に“生命の泉”の地図を無くしてしまったことに気づいた

ジャックは堂々と拒否してその場より逃亡を図る。

3

ロンドンで追われ逃げ回るジャックを救ったのは

父親のティーグ(キース・リチャーズ)だった。

ティーグは生命の泉について語り、

ロンドンで偽物のジャック・スパロウが、

“生命の泉”を目指すため乗組員を集め、

航海準備をしている事をジャックに伝え、姿を消す。

imagesCA334Q9F.jpg

ジャック・スパロウを騙って乗組員を集めている酒場に乗り込むジャック。

そしてジャックは、ジャックの扮装をした女海賊アンジェリカと再会する。

8 15

アンジェリカ(ペネロペ・クルス)はかつては修道女で、

ジャックとは恋愛関係にあったジャックの元恋人。

驚くジャックだったが、二人の元に政府の追手が迫る。

政府の追手からは逃れたものの、ジャックは彼女たちに拉致される。

ジャックが目を覚ますと、そこは大海原のど真ん中。 

なんとそこは、伝説の最恐な大海賊、“黒ひげ”こと

エドワード・ティーチ(イアン・マクシェーン)の船、

「アン女王の復讐号」の船上だった。

6

アンジェリカは、伝説の海賊「黒ひげ」の娘で、この船の航海士だったのだ。

黒ひげはある日、『2週間後に義足の男に殺害される』という予言を受け、

それを回避するために生命の泉を、血眼で探していた。

黒ひげの娘であるアンジェリカは、最愛の父である黒ひげを

死の予言から救うため、

以前『生命の泉』を見つけたといわれているジャックを捕え、

道案内をさせることにしたのだ。

こうして、不本意ながら『生命の泉』を目指すことになったジャック。

一方その頃バルボッサは、英国王の命で、英国と敵対するスペイン王

フェルナンド6世 (セバスチャン・アルメストロ) よりも先に

生命の泉を発見するため、ジャックの相棒であるギブスを尋問する。

混乱の最中に、生命の泉への地図をジャックから拝借していたギブスは

身の危険を感じ、地図を燃やしてしまう。

地図の内容を頭に叩き込んでいたギブスは、殺されることなく

道案内人として、バルボッサに連れられ、生命の泉を目指す事となる。


「アン女王の復讐号」の船上で看守の監視する中、一船員として

日々床拭き掃除やら、モップがけやら雑用をさせられるジャック。

とうとう嫌気がさし、船員たちに黒ひげが実在するのか問いただす。

黒ひげは予言があって以来、船長室から出てこないため、

誰も黒ひげの姿を見たことがないという。

これはアンジェリカのハッタリでは?そう思ったジャックは

船員たちと反乱を企てる。

しかし、そこに最強の海賊とよばれる黒ひげ本人が現れる。

11  2

黒ひげはアニメに出てくるような能力者で、船のロープを自在に操ったり、

ジャックの人形でジャックに間接的にダメージを与えたりすることが出来る。

また非道な海賊で、反乱時に見張り役だった船員を丸焼きにしたり

修道士の船を襲い、唯一生き残った宣教師フィリップ(サム・クラフリン)を

マストに縛りつけていた。

10

こうして生命の泉がある島にたどり着いた黒ひげとジャック達。

しかし、島にはスペイン軍が先に上陸していた。

この島にある生命の泉で水を飲むには儀式が必要だった。

二つの銀の聖杯に泉の水を汲み、片方の杯に新鮮な人魚の涙を一滴入れ、

涙入りの水を飲んだ者が、もう片方の杯(涙なし)の水を飲んだ人間の寿命を

自分のものにすることができるという。

島に着いた黒ひげたちは儀式に必要な人魚の涙を手に入れるために、

人魚たちが多く棲むホワイトキャップ湾に向かい、

人魚の好きな歌を歌い、人魚をおびき寄せ、生け捕りにしようとする。

imagesCAMD7HMP.jpg

子作りの季節になると、人魚たちは魅力的な姿で人間に近寄り、

隙を見て、鋭い牙をむき出しにして人間に襲い掛かり、

海に引きずり込み食い殺すと言われている。

人魚を捕獲しようとする黒ひげたちに対し、

人魚たちは海面を飛び回り、粘着縄で海賊たちを絡め取り

海を真っ赤に染めていく。

彼女たちの残虐さと、憎悪に満ちた表情は人魚の概念を覆す

強烈なインパクトがある。

そんな中、人魚の餌として海に放たれた宣教師フィリップを

一匹の人魚(アストリッド・ベルジュ=フリスベ)が助ける。

imagesCA7557KR.jpg

しかし、人魚は黒ひげにより生け捕りにされてしまう。

imagesCAP0BS4B.jpg imagesCA0NIC69.jpg

宣教師フィリップは彼女をシレーネと名付け、次第に彼女に惹かれていく。

やがて彼女もフィリップに惹かれてしまう。

9

アンジェリカは二人の心を利用し、人魚の涙を手に入れる。

その頃、バルボッサの一行も島に上陸。

スペイン政府、英国海軍、黒ひげ一行は、生命の泉を目指す。

4

途中、黒ひげ達は、ジャックに銀の聖杯を取りに行かせる。

imagesCAHUCMQK.jpg

ジャックはそこでバルボッサと再会、

彼と協力しスペイン軍から聖杯を入手する。

7

二人でスペイン軍と戦う中、

バルボッサは自分が英国王に仕えている本当の理由を明らかにした。

その後ジャック・黒ひげは生命の泉のある聖地にたどり着くが、

そこに現れるバルボッサとスペイン軍。

戦いの中、黒ひげとアンジェリカはバルボッサの毒の剣にやられてしまう。

黒ひげは生きるため、娘であるアンジェリカに寿命を提供するように命令。

それに従うアンジェリカだが、ジャックの機転で運命の寿命は逆転。

アンジェリカが黒ひげの寿命を受け取り、彼女の生命は助かってしまう。

こうして黒ひげが奪っていたブラック・パール号を取り戻したジャックとギブス。

宣教師フィリップは人魚シレーネと消える……

imagesCAU9FUMK.jpg 

一方、黒ひげの船を奪ったバルボッサ。

アンジェリカは島に残ったが、そんな彼女の元に

ジャックの呪いの人形が流れつく。。。


以上が話のあらすじです。

やはり、前3部作の印象が強すぎて

なんだか物足りない感じ。。。

ジャックが今回は脇役で、バルボッサが主役っぽい。。。

でも今後の話がちょっと楽しみだったりもします(´▽`)

今回IMAX3Dで映画を鑑賞しましたが

従来の3Dと比較すると映像が綺麗でした(^^♪

良かったら映画館でお楽しみ下さいね(^^♪




スポンサーサイト

テーマ:パイレーツ・オブ・カリビアン - ジャンル:映画











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。