黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
映画『パーフェクトゲッタウェイ』
今日は映画『パーフェクトゲッタウェイ』を観ました

images_20110602194925.jpg

世界一美しいリゾート地として人気のハワイを舞台に、

ハネムーンで訪れた男女が、殺人事件に巻き込まれていく

アクション・サスペンス。

『ピッチブラック』『ビロウ』のデヴィッド・トゥーヒー監督が、

『バイオハザード』シリーズのミラ・ジョヴォヴィッチを主演に迎え、

殺人事件に翻弄される人間の心理を、ハワイの景観と対比して描く。

撮影はハワイではなく、主にカリブ海北東にあるプエルト・リコで

行われ、その自然の風景が美しく、ダイナミックである。

ミラ・ジョヴォヴィッチはじめ、役者たちの演技も見どころ。


あらすじ― ここからネタバレあり。見たくない人は要注意



透き通った青い海と、眩しいほどの緑に包まれたジャングルで

世界中の人々から愛される地上の楽園ハワイ。

数多くの新婚旅行カップルが訪れる場所でもある。

新婚旅行でハワイを訪れた脚本家のクリフ(スティーヴ・ザーン)と

シドニー(ミラ・ジョヴォヴィッチ)のカップルは、

オアフ島で結婚式を挙げ、カウアイ島へ新婚旅行に向かう。

1

カウアイ島のガイドから、2日間以上かけて歩かないと到達できない

ハワイで最も美しいといわれるカララウビーチの話を聞いて

カウアイ島のジャングルをトレッキングすることにする。

66

二人はハナレイビーチで1泊し、許可証を購入、

カララウトレイルの出発地であるルマハイビーチにレンタカーで向かう。


途中、ヒッチハイカーのケイル(クリス・ヘムズワース)と

クレオ(マーリー・シェルトン)に遭遇。

imagesCAKLNL18.jpg imagesCA4HG8DJ.jpg

行き先は同じであったが、二人の風貌を見て怪しいやつだと思った

クリフとシドニーは嘘をつき、二人を残して立ち去る。

ルマハイビーチに着いたクリフとシドニーはトレッキングを開始。

imagesCATLBNL3.jpg

都会暮らしでトレッキングには不慣れな二人の前に

アウトドアにピッタリな筋肉質のニック(ティモシー・オリファント)が

現れて、二人の道案内をしてくれる。

4

脚本家に憧れていたニックは、クリフが脚本家であることを知り、

大興奮するが、途中別のハイカーから、オアフ島で新婚夫婦が殺された話を聞く。

犯人は男女のカップルで逃亡中らしい。

二人が二日前まで滞在していたオアフで殺人事件があったことを知った二人は

これからどうするか相談するが、シドニーはトレッキング続行を希望。

ニックのキャンプ地が、シークレットフォールズであることを聞いたシドニーは

同行するようクリフにお願いし、三人でシークレットフォールズに向かう。

そこにはニックの彼女ジーナ(キエレ・サンチェス)がいた。

8

水浴びをするジーナとニック、シドニー。

imagesCAFM0HH1.jpg

その間クリフは携帯で、殺人事件について検索。

それは、オアフ島ホノルルで新婚夫婦が殺され、遺体から歯が全て抜き取られ

指紋も指ごと切断されているため、身元がわからず、

犯人は男女のカップルで、カウアイ島に逃亡したというもの。

その時クリフは、例のヒッチハイカーカップルと再会。

クリフに詰め寄る二人だったが、ニックが現れたので事なきを得た。

許可証のいるハナカピアイに向かうというヒッチハイカー。

クリフは自分の許可証が無くなっていることに気づき、

隙を狙って、ヒッチハイカーのザックを物色。

そして、ケイルが保護観察中の身であることを知るクリフ。

結局許可証は見つからず、翌日クリフとシドニーは

目的地が同じニックとジーナと共にカララウビーチに向かう。

3

ニックは脳天気で、脚本家の卵であるクリフに、

過去の名作についての感想や、脚本の仕事内容についていろいろ話すが

クリフはぱっとしない様子。

イラクの特殊部隊に在籍経験のあるニックは、武勇伝を語り、

俺の話を映画にしてくれ!と必死にクリフに頼む。

戦争中頭部を怪我した彼は、頭蓋骨にチタンを埋め込んだから

金属検知器が反応して困るんだよーと大笑い。

だがニックの武勇伝を、鵜呑みにできないクリフは、

どんどん彼への不信感を募らせていく。

9

とは言え、ここまで来たらとにかく一緒に行くしかない。

4人は中間地点のハナカピアイビーチに到着したが、あいにくの大雨。

やむをえず、ビーチにテントを張り、風雨を凌ぐ。

ニックは晩ご飯ということで、ヤギを仕留めに行くという。

半強制的にクリフもついていくが、途中ではぐれてしまう。

そのとき、ヒッチハイカーを再び目撃し、二人の様子を伺うクリフ。

そこに、ハナレイビーチのガイドが現れ、

クリフが店に忘れた許可証を届けてくれる。

テントに戻るクリフの後から、血だらけのヤギを担いで戻って来たニック。

スーパーの精肉部でバイト経験があるというジーナは

顔色ひとつ変えず、意外と楽しいのよとか言いながら

手馴れた手つきでヤギをさばき始める。

二人の様子をテントの中から不安げにみつめるクリフとシドニー。

しかし、ビーチまでは平静を装うことにする。

翌日、警察のヘリの音で目覚める4人。

ヘリが向かう先には、あのヒッチハイカーカップルが居た。

連行され、ザックを調べると、歯の入ったフリスクの空き箱が出てきた。

お互いの疑いが晴れて胸をなでおろす4人。

雨もやみ、カララウビーチに到着。

浜辺でくつろぐ4人。

ニックは大事な用事があったが、無理やりクリフに誘われ、

レンタルしたというカヤックで洞窟まで行ってしまう。

ニックに置いてけぼりにされ、暇になったジーナは

ずっとシドニーが持ち歩いていたビデオカメラの映像を何気なく見ていた。

そこに映っていたのは、シドニーとクリフとは全く別の新婚カップルだった。


真実を知ったジーナは、ニックに伝えようとするが、

彼は海の上。小型の斧を持ち、洞窟の上まで走るジーナ。

ビデオカメラを見られた事に気づいたシドニーはジーナを追う。

2

ジーナが洞窟の上に着いたとき、ニックはクリフに銃で撃たれ、

海に落ちてしまい、海は血に染まっていた。

ここからモノクロ映像が流れ、クリフとシドニーの犯罪について

映像が流れる。クリフは殺人鬼で、殺した者になりすまし、

遺品や遺体の一部を戦利品として所有していた。

警察の目を欺くため、保護観察中であり疑われやすいヒッチハイカーのザックに

歯を入れたのももちろん彼。

ビデオは戦利品の一つで、テープは海に捨て処分していたが、

メモリーカードは残しておいたのが失敗であった。

シドニーはクリフから逃れたいと思いながらも、

孤独になりたくないばかりに犯罪に加担してしまっていた。

一方、ニックはカララウビーチで、ジーナと夕暮れを散歩しながら

指輪を渡しプロポーズすると一年半ほど前から予定していたのだが

ぶち壊されたのだった。

ニックが撃たれた光景を目の当たりにし、叫ぶジーナ。

ジーナに向けて発砲するクリフから逃れたジーナだが、

そこにシドニーが追いつき、ナイフで襲い掛かる。

5

足を刺されながらも逃げたジーナは、携帯の電波が届く場所を探し、

救助を呼ぼうとする。しかし、崖から登ってきたクリフに襲われる。

ジーナは必死に森の中に逃げ込む。

その頃、シドニーは、ジーナが呼んだ救助(警察)に、助けを求めていた。

一方撃たれたニックは死んではいなかった。

銃弾は、彼の頭の金属が入っているところに当たり、助かっていたのだ。

そう、ニックの話はすべて本当だったのだ。ジーナを助けに向かうニック。

ジーナは逃げている途中で、4人の男性と出会う。

助けを求めるジーナのもとに追いついたクリフ。

ジーナは薬をやっててイかれてる。僕は彼女の友達なんだというクリフ。

しかし男性達は、じゃあなぜ君の瞳孔は開いてる?彼女は正常だと言い返す。

怒ったクリフは4人を銃殺した。逃げるジーナ。

そこにようやくニックが追いつく。

ニックはナイフ片手にクリフに飛び掛かり、

銃を持っていたクリフの手のひらを切り裂き、銃がもてなくなった。

ニックは銃を奪うとクリフに銃口を向けた。

そこにシドニーの乗った警察ヘリの登場。

ニックが殺人犯だ!というシドニーの証言を信じてニックを狙撃しようとしていた。

緊迫の瞬間だったが、ジーナが止めに入り、ニックをクリフから引き離し

ニックは銃を捨てた。

抱き合う二人の横で、銃をまた取ろうとするクリフを見て、

シドニーは警察に、「今、銃を取ろうとしているのが殺人犯です」といい、

クリフは射殺される。

最後は、ニックとジーナがヘリで救助され、夕陽が差し込むヘリの中で

ニックはジーナにプロポーズ。

ネットで一年半前に購入したブカブカの指輪を渡され、

なんでもっと早くプロポーズしないのかと怒りながらも喜ぶジーナ。

最後に「ハネムーンは無しで」とハモって物語は終了。

以上ネタバレでした。



感想―

冒頭の結婚式の映像で、新郎新婦の画面だけ明らかにフェードアウトする

このことからも、何となく最初から犯人が分かっちゃいましたが

本筋とは関係ないようなちょっとしたセリフや行動、

登場人物の表情などが、細かく描かれていたと思います。

カウアイ島の美しい風景と、人間の狂気のバランスも見事でした。

後半に入り、視点が180度変わる瞬間が上手でした。

ただ、クリフとシドニーが犯人なら、こんなのは必要ないなぁと

思うシーンもチラホラ。

きっとシドニーは、演技でも幸せな新婚夫婦をエンジョイしたかったのでしょう。

里子に出された孤独感がベースになっているのではないでしょうか。

細やかな演出がされており、見事でした。

…ただ、シドニーはどこに行ったのでしょう。

ヒッチハイカーも気になるラストでした。

以上ネタバレと感想でした☆
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。