黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
尿酸値を下げる&ダイエットレシピにトライ(^^)
最近尿酸値が高いことを気にしている相方さん


偏食でも、酒好きでも、大食いでもないので


体質なんでしょうか。。。


でも、あまり尿酸値が高い状態が続いて


痛風とかになったりしたら、ぱぱさんかわいそうだから


今のうちから予防しとかないとね


てなわけで、尿酸を下げる食事について調べてみました。



尿酸とは細胞の中にあるプリン体という物質が分解されて生じるものです。

尿酸値の正常値は血液100ml中7mg以下とされており、

それが8.0を超える状態が続くと高尿酸血症と診断され、

いつ痛風(関節炎)や尿管結石が起こっても不思議ではない状態と言えます。


また、腎臓病や心筋梗塞、糖尿病、脳血管障害、高血圧症などの

合併症をおこしやすくなるので注意が必要です。


尿酸値の増加原因は尿酸の増えやすい体質や、

食事やアルコール等が関係して起こります。

尿酸値を下げるために一番大切なことはバランスです。

なぜなら尿酸値を上げている原因というのは1つではない場合が多いからです。

その尿酸値を下げるために日常生活で実行可能なことや注意すべき点は下記の通りです。


1.肥満を解消すること。

 バランスよく、ゆっくりよく噛んで食べることが大切です。

 一般的に人が満腹感を感じるためには約20分はかかるとされております。

 ただし急激に体重を減らすと、尿酸の産生が過剰となるので注意が必要です。


2.アルコール飲料を控えること。

 特にビールにはプリン体が多く含まれており、大びん一本が限度です。


3.積極的に水分を摂取すること。

 一日1.5リットル~2リットルの水を飲み、尿量を増やして尿酸の排出を促します。

 しかし、アルコールやジュースなどでは逆効果になってしまいます。

 平熱が低い方は水分をとる事をメインにするよりも

 適度な運動によって体を温めることから始めた方が良いと思われます。


4.軽い運動を行うこと。

 軽く汗ばむ程度の、有酸素運動を行います。


5.精神的ストレスをうまく緩和すること。

 負けず嫌いや、短気な人、ストレスを抱え込みやすい人は注意しましょう。


6.プリン体が特に多く含まれる食品を控える。

 尿酸値を下げるにはプリン体の摂取を抑えることが大切になります。

 しかし食品中のプリン体は、ほとんど全ての食品に含まれます。

 尿酸の原料となるプリン体ですが、食事で取るプリン体よりも

 体内で作られるプリン体のほうが多いことが最近分かってきました。

 そのせいか最近では通風の治療で食事制限は主流ではないようです。
 
 ですが、プリン体を食事で取りすぎているのであれば控えた方が良いでしょう。

 特に多い食品としては、以下のものがあります。

 ●魚・肉類の内臓類(レバー、あん肝など)や、いわし・うに・かに

 ●プリン体は水溶性なので、肉や魚からとったスープにはもちろん多く含まれています。
  ラーメンなどの濃厚なとりがらスープやとんこつスープなどにも注意が必要です。

 ●マイワシの干物・鰹節・煮干し・干しシイタケ、その他干物。

 ●カツオ、メバル、オキアミ、真アジ、大正海老

 また、極めて少ないとされている食品例として、

 コンビーフ・魚肉ソーセージ・焼きちくわなどの練りもの・豆腐・牛乳など乳製品などがあります。


7.アルカリ性食品である野菜やイモ類を十分に摂取する。(調理は”茹でる”を基本)

 尿酸というものは、尿がアルカリ性に傾くほど溶けやすくなり、排泄も促されますので、

 アルカリ性食品である野菜やイモ類を十分に摂取することも大切です。

 新鮮な野菜の摂取をすることによって水分補給にも役立つので手っとり早いとされています。

 ただし、果物の糖分の過剰摂取は尿酸値を上昇させるので摂取のし過ぎに注意しましょう。

 「尿アルカリ化食品」

 ●ひじき・わかめ・昆布などの海藻類
 
 ●ほうれん草・ごぼう・ニンジンなどの野菜類

 ●里芋・さつまいも・ジャガイモなどのイモ類

 ●バナナ・メロン・グレープフルーツなどの果物類

 
 ※ちなみに下記の食品は尿を酸性にしてしまいますので注意が必要です。

 ●鶏肉・豚肉・牛肉など肉類

 ●サバ・かつお・ブリ・マグロなど魚類

 ●その他、卵・アサリ・ホタテ貝・エビ・精白米など


8.尿酸値を下げる食品を摂る。

 肉・・・鳥ささみ、鳥挽肉、豚ヒレ肉、豚モモ肉

 豆・・・豆腐、枝豆、おから、高野豆腐、豆乳

 野菜・・・アスパラガス、かぼちゃ、ごぼう、小松菜、春菊、トマト、ピーマン、

     ブロッコリー、ほうれん草、モロヘイヤ

 海草・・・寒天、コンニャク、昆布、ひじき、モズク、ワカメ

 きのこ類・・・シメジ、生しいたけ、舞茸


9.塩分、たんぱく質や脂質の取りすぎに注意すること


おさらい

レバーや、内臓を丸ごと食べる魚類は特にプリン体がたくさんあります。

それらを控えることと、肉や魚は控えめにして野菜中心の食事を心がけることが大切です。

肉や魚を調理する際には煮る・焼くなどをしてプリン体を溶け出すようにしましょう。

プリン体は水溶性なので煮汁を出すことによって溶け出します。

この際の煮汁はもちろん使用してはなりません。


そして体内の尿酸を排泄するために必要なのは水分です。

1日2リットルを目安に、水やお茶などエネルギーのない水分で補いましょう。

アルコールはプリン体が多いことで知られるビールだけではなく、

ワインやウィスキーなど全ての酒類に尿酸値を上げる働きがあります。

アルコールを摂取する際には、ビールよりワインなどという種類にこだわるよりも

摂取量に気を遣うことが大切といえます。

また、珍味などのおつまみにもプリン体が多く含まれているので注意が必要です。






以上調査結果です(^^)



・・・難しいですねぇ。。。




悩んだ結果の夕食はこちらです


DSC02865.jpg DSC02864.jpg DSC02863.jpg DSC02862.jpg


左から順に、雑穀米、きのこたっぷり青梗菜オイスターソース、牛モモ肉じゃが、豆乳スープ。


なんとか・・・どーにかクリアーできたはず


少しずつ食事内容を気にかけて、ぱぱさんの健康を守りたいものです


スポンサーサイト










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。