黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
許せない!!中国のペット整形!!



先日、中国でペットの整形が行われているという信じられないニュースを初めて知りました。


いろいろ調べていくうちに怒りがこみ上げてきたので、


少しでも知ってもらいたく、アップしました。


中には痛々しくて見てられない子もいますが、


目をそらさず真実を知って下さい・・・・。。。



以下、中国各メディア記事より抜粋―


現在、中国では空前のペットブーム。

そんな中国では、他人と同じ動物では飽き足らない、もっと目立ちたいと、

飼育する犬や猫を二重まぶたにするなど、ペットの美容整形が富裕層の間で流行しているという。

経済発展に伴い、ペットショップやペット用美容室も珍しくはなくなっているが、

ペットの美容整形は、飼育する犬猫に個性を持たせたいという飼い主たちの要望から

中国・吉林省吉林市にて流行し始め、ペット愛好家へ徐々に浸透。

images (1)


二重まぶたや輪郭矯正といった、いわゆるプチ整形レベルのものが一般的というが、

中には整形後毛色を変えるなどし、他の動物に「変身」させるのも人気を集めている。

手術さえすれば愛犬をロバやパンダ、ブタ、トラ、羊などの姿に変えることができるという。

images_20111020235702.jpg




特に人気なのが愛犬を中国の国宝パンダの姿に類似させるというもの。

images (3)




自らを「環境保護戦士」と称する歌手、李進さんは、新曲「熊猫宝貝(パンダベイビー)」の

プロモーションに、チャウチャウ犬をパンダそっくりに変身させて登場した。

r08.jpg



まず毛が多い種類の犬チャウチャウを、パンダのような丸っこい輪郭になるよう毛をカット。

その後、体の毛を白黒に染めていくという。染毛作業は6人がかりで6時間もかかる。


この行為を「新曲宣伝のために無理やり犬をパンダにするとは、あまりにも身勝手な虐待行為」と、

イベントプロデューサーの田金双氏が自身のブログで厳しく抗議したことから、

ペットに対する美容整形の是非が、話題になっている。


ある飼い主はシュナウザー種の愛犬を飼っているが、垂れ下がった耳の形が気に入らず、

整形手術を行い、ロバのようにピンと立った耳に変えたという。

ペット美容院はこうした整形手術は動物の健康に影響しないと説明しているが、

吉林市のある市民は「ペットにも個性があり、突然姿を変えられてしまえば

ショックのあまりうつ病になる可能性もある」と批判。



北京市通州のペット市場では、1匹700元(約1万円)の白プードルを褐色に染め、

「テディベア」のように変身させて1500元で販売。


images (2)


ハスキー犬に似せ染色された犬もいる。

チャウチャウ犬の雑種の口元に塩水を注射し唇を腫らすと純血種のように見栄えが良くなり値が上がる。

また活発な犬に見せるため、鎮痛剤を飲ませることもあるという。

こうして改造された犬は病気が多く、1週間程度で死亡する可能性があるため売り急ぐらしい。


この写真は二重まぶたの整形手術を受けた犬。痛々しい目元・・・。


pet_biyouseikei.jpg




下の写真は別種の犬の顔を移植された犬。

dog-face-transplant.jpg

もちろんドナーとなった犬は、金持ちの道楽の為に無駄に殺されてしまう。


ほかにも中国ではなんと豚や金魚にレーザーで刺青をいれ高値で取引されているそうだ。

o0500032210233557776.jpg

o0500031110233557777.jpg


この動きに対して各国愛護団体は難色を示しており、

動物への愛情は大事だが、ありのままの姿を愛することが大事なのではないだろうか。



以上、記事から抜粋しました。。。



信じられないです。


ほんとあり得ない、というか自分で恥ずかしい行為をしている自覚はないのでしょうか・・・。


大事な家族なのに、なぜ自分の我儘や虚栄心のために


犠牲になるのはいつも動物たちなのでしょうか。


けがや病気をして手術するだけでもかなりのストレスなのに


耳が気に入らないとか、顔の輪郭がいまいちとか


そんなくだらない理由で、


それでも、慕ってくれる動物たちにメスを入れ、体に負担のかかる染色を行い、


あらー可愛いといわれ、いい気になっている飼い主は、狂ってると思います。


そしてそれを許す社会も、業者もすでに狂っているのでしょう。


こんな辛いニュースがなくなるように、できることはないのか


何より自分の無力さに腹が立ちました。。。


もっと、あなたを愛する家族を大切にして欲しい・・・。。。。


そう思います。




スポンサーサイト

テーマ:許されない出来事 - ジャンル:ニュース

このコメントは管理者の承認待ちです
2014/06/15(日) 00:29:44 | | [ 編集]
このコメントは管理者の承認待ちです
2014/08/07(木) 19:20:48 | | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。