黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
職員旅行で長崎軍艦島上陸してきました(^_^)

今日はあいにくの空模様の中、職員旅行で長崎に行って来ました。


今回の旅の目的は、茂木にある料亭二見さんで海鮮料理をいただくことと

2009年(平成21年)4月22日から観光客が上陸・見学できるようになった長崎の孤島

端島(通称 軍艦島)に上陸できるクルージングに参加すること。


あとは平和祈念公園で記念撮影後、和泉屋さんで買い物予定でしたが、

悪天候のため買い物のみになり、平和遺産を車窓から見学することになりました。


8時半過ぎに福岡を出て、観光バスは高速に乗り一路長崎へ。

DSC03715.jpg



途中トイレ休憩を挟みながら、11時前に料亭二見さんに到着しました。

料亭二見さんの食べログは次の記事に掲載しますので待ってて下さいね



美味しくて豪華な昼食を堪能した後、スカートのベルトを緩めながら一路長崎港へ。




DSC03760.jpg




ぎりぎりに着いたので、急いでクルージング用の船である、マルベージャ3号に乗船。


DSC03761.jpg DSC03762.jpg




いざ出発でーす

DSC03769.jpg DSC03774.jpg



2005年12月11日に通用が開始され、観光都市長崎の新たなランドマークとしても期待されている

女神大橋(ヴィーナスウィング)を通り過ぎ、現在は無人島である端島に30分かけて向かいます。

DSC03785.jpg



ここで、ちょっと端島(軍艦島)の紹介を・・・・。(パンフレットより抜粋)



長崎港から南西約19kmの海上に位置する端島。

端島は本来は、現在の3分の1ほどの面積しかない小さな瀬であったが、1810年に石炭が発見され、

佐賀藩が小規模な採炭を行っていた。

1890年、端島炭鉱の所有者であった鍋島孫太郎(旧鍋島藩深堀領主)が三菱社へ10万円で譲渡、

端島は三菱合資会社の経営下に置かれ、本格的海底炭鉱として操業が開始された。

1897年(明治30年)から1931年(昭和6年)にわたり6回の埋め立て工事によって拡張し、

島全体が護岸堤防で覆われ、現在の島の形となっている。

出炭量が増加するにつれ島の人口も増加し、1916年(大正5年)には

日本で最初の鉄筋コンクリート造の集合住宅「30号棟」が建設された。

当時三菱重工業長崎造船所で建造中だった日本海軍の戦艦「土佐」に似ていることから

「軍艦島」の通称が大正時代から用いられるようになった。

大正期から朝鮮人労働者が増え、第二次世界大戦中には600人ほどが働いていた。

中国人労働者も、1944年(昭和19年)に204人が徴用されてきた。

ただし、給料や食事、休日などの虚偽の好条件で騙されてやってきた労働者が多く、

劣悪な環境下での作業で事故死・病死も多発し、泳いで島を脱出したり自殺をする者も少なくなかった。

ただし、実際に脱出が成功した例は少なく、大半は溺死するか、監視する職員に捕まり殺された。

このことより労働者、特に朝鮮人・中国人の徴用者は、端島や高島を「監獄島」と呼んだ。


1945年6月11日にアメリカの潜水艦「ティランテ」が、停泊していた石炭運搬船「白寿丸」を

魚雷で攻撃し撃沈したが、「米軍が端島を本物の軍艦と勘違いして魚雷を撃ち込んだ」といわれた。


端島炭鉱は良質な強粘炭が採れ、隣接する高島炭鉱とともに、日本の近代化を支えてきた。

石炭出炭量が最盛期を迎えた1941年(昭和16年)には約41万トンを出炭。

人口が最盛期を迎えた1960年(昭和35年)には5,267人の人口がおり、

人口密度は世界一を誇り、東京特別区の9倍以上に達した。

炭鉱施設・住宅のほか、小中学校・店舗・病院(外科や分娩設備)・映画館「昭和館」

寺院「泉福寺」(禅寺だがすべての宗派を扱っていた)・理髪店・美容院・パチンコ屋・雀荘

社交場(スナック)「白水苑」などがあり、島内においてほぼ完結した都市機能を有していた。

ただし火葬場と墓地は島内になく、端島の近くにある中ノ島に建設された。

1960年以降は、主要エネルギーが石炭から石油へ移行(エネルギー革命)し衰退。

1974年(昭和49年)1月15日に閉山した。

閉山時に約2,000人まで減っていた住民は4月20日までに全て島を離れ、端島は無人島となった。


島は三菱マテリアルが所有していたが、2001年(平成13年)、高島町(当時)に無償譲渡。

現在は長崎市の所有地である(市町村合併により高島町が長崎市高島町になったため)。

建物の老朽化、廃墟化のため危険な箇所も多く、島内への立ち入りは長らく禁止されていた。

2005年(平成17年)8月23日、報道関係者限定で特別に上陸が許可され、

荒廃が進む島内各所の様子が各メディアで紹介された。

島内の建築物はまだ整備されていない所が多いものの、ある程度は安全面での問題が解決され、

2008年に長崎市で「長崎市端島見学施設条例」と「端島への立ち入りの制限に関する条例」が成立。

島の南部に整備された見学通路に限り、2009年(平成21年)4月22日から観光客が上陸・見学可能となる。

なお、上陸のためには風や波などの安全基準を満たしていることが条件になっており、

長崎市は上陸できる日数を年間100日程度と見込んでいる。

2008年9月に「九州・山口の近代化産業遺産群」の一部として、世界遺産暫定リストに追加記載が決定。

2009年(平成21年)1月に記載された。


木造や鉄骨造で建設された建物は、風雨のほか、防水技術の問題や無人化によって維持管理がされず

1号棟(端島神社)の拝殿をはじめ完全に崩壊したものが多い。




以上説明でした。



船に揺られること30分・・・ようやく軍艦島が見えてきましたよ



DSC03787.jpg


高まる私のテンションと雨足の激しさ

ちなみに事故防止や島内の保護のために、上陸の際には誓約書へのサインが必要です。


島内で傘は差さないこと、ピンヒールやサンダルは禁止、上陸前や島内での飲酒禁止、

島内での喫煙・飲食禁止、など様々な制約を遵守する必要があります。


島に着き、早速カッパ隊が出動上陸自体も危ぶまれる雨だったので良かった。。


DSC03796.jpg DSC03801.jpg



上陸したらガイドさんの案内のもと、3班に分かれて見学するようです。



DSC03807.jpg DSC03805.jpg


瓦礫の散在する島内に、コンクリートで整備された見学ルートがあり、ガイドさんが説明していきます。



DSC03853.jpg DSC03817.jpg DSC03818.jpg DSC03825.jpg


島内は朽ち果て、昔の栄華を誇った時代からは想像が出来ないほど・・・・。




その儚い姿ゆえに多くの人々を惹き付けるのでしょうか。。。



DSC03830.jpg


見学ルートの奥からは、かつて多くの人々が暮らしていた30棟・31棟が見えます。


ガイドさんは原爆投下後の写真を見せ、目の前に広がる光景と被爆後の光景が似ていること、


そして、今日本が直面している原発問題を挙げ、


人間が自らの利権や生活を主張しすぎるが故の負の遺産について語っておられました。



余談ですが、歌手のB’zさんがここでPV撮影をしたらしいです。。。


images_20111030225555.jpg


こうして、短い滞在時間ではありましたが、軍艦島をあとにしました。


DSC03865.jpg DSC03870.jpg DSC03867.jpg DSC03871.jpg



軍艦島を去る前に、船は島の周りを一周してくれました。


anigif.gif


今度来る機会があれば、ぜひ好天時にゆっくりきたいですね




船は一路長崎港へ。



再び女神大橋をくぐり、日本最古の煉瓦建造物であるソロバンドッグをみながら


DSC03944.jpg DSC03951.jpg



無事長崎港につきました。。。しかしすごい雨ですね。。。。


DSC03952.jpg DSC03953.jpg


バスに乗り込み、平和祈念公園に向け、出発


長崎駅を通り過ぎ、山王通りに入ります。



浦上天主堂や鐘楼ドーム、一本柱の鳥居、永井隆が晩年過ごした如己堂など


通称平和通りともいわれるこの山王通りを、私は初めて通りました。


またランタンの頃に長崎に行く予定ですのでその時に訪れたいと思います。



和泉屋さんで記念撮影・買い物して、バスに揺られて帰ってきました。


お土産は、旅行のために必死で働いてくれた留守番組さん用に大量に買い、


あとは個人用と、家で寂しい思いをさせているあるくんにもちょこっと買いました。


おかげで楽しい職員旅行となりました






スポンサーサイト

テーマ:日帰りお出かけ - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。