黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
ニュージーランド・クライストチャーチの地震から1年。
日本人留学生28人を含む185人が死亡したニュージーランド・クライストチャーチの地震から


今日で早くも1年が経ちます。

images (6)

同国第2の都市を襲ったマグニチュード(M)6.3の地震は、


街の象徴だった大聖堂など多くの建物を損壊させ、


語学学校が入居していたカンタベリーテレビ(CTV)ビルは倒壊し、


死者のうち115人は、倒壊したこのビルのがれきの下敷きとなりました。


images (3) images_20120303075022.jpg



甚大な被害を受けた南島クライストチャーチ市内のラティマースクエアでは、


本日追悼式典が営まれました。


images (2)


式典ではキー首相が「2011年2月22日は、最も悲しい日としてわが国の歴史に残るだろう」と述べ、


images (7) images (4)

犠牲者一人一人の名前が読み上げられた後、地震が発生した午後0時51分


(日本時間では午前8時51分)には、参列した遺族や市民ら計8万5千人が黙祷をささげました。


最後には犠牲者の再生を願い、185匹のチョウが大空に放たれました。


日本からも犠牲者24人の遺族や友人ら約90人が現地入りし、


日本人犠牲者28人全員が被災したビル倒壊跡地で、最愛の人の冥福を祈りました。


学生12人が犠牲になった富山外国語専門学校(富山市)でも追悼の集いが開かれ、


学生約80人が出席し、地震が発生した午前8時51分には全員で1分間の黙とうを捧げました。


images (5)

現地では今でも強い余震が続き、昨年末にもM6前後の余震が発生しています。


市内は今も、被害の段階別にいくつかの地区に色分けされており、


最も被害の大きかった「レッドゾーン」では、倒壊の恐れがあるとして住宅約6800棟の取り壊しが


決まり、これまでに住民の約半数が土地の買い上げに応じています。



式典でキー首相は復興の前進を強調し、「クライストチャーチは活気のある


住み良い街に生まれ変わる」と宣言しました。


市中心部の主要ビル26棟の建設工事が始まり、インフラ復旧工事も進む一方で、


市を離れていく住民も多く、統計によると、すでに地震発生後1万人以上が転出しています。



現在もなお、立ち入りが禁止されている地区が残されているものの、


新たにコンテナを用いたショッピングモールが整備されるなど、


クライストチャーチは徐々に活気を取り戻しています。
 


遺族らは式典後、現在も余震による二次災害防止のため封鎖されているCTVビル跡地を訪問。


多くの遺族にとって跡地に立ち入るのは初めてとみられ、花を手向けたり記念撮影をしたり


して、故人との再会を果たしていました。


images (1)

スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。