黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
最近てんかん患者さんの事故が増えています。

先日、京都・祇園で起こった乗用車の暴走事故で注目されたてんかんという病気。

捜査が進むにつれて、てんかんとの因果関係はなかったようですが、

一年前にも栃木県鹿沼市でクレーン車を運転中にてんかんの発作で意識を失い、

小学生6人が死亡した事故がおきており、

てんかんによる事故に注目が集まっている今日この頃。

みなさんはてんかんという病気についてご存じでしょうか。

復習の意味も兼ねて、今日はてんかんという病気について調べてみました。


てんかんは、神経疾患の中では最も多い疾患の一つで、

その患者数は約60万人と推定されます。

てんかん患者の50%は10歳以前に発症するといわれてますが、

最近大人のてんかん患者による事故が問題となってきています。

てんかんには3種類あり、原因が明確な「症候性てんかん」、

原因が推定される「潜因性てんかん」、原因不明な「特発性てんかん」があります。

てんかん発作は脳神経細胞から異常な電気信号が発射されると起ります。

発作は年齢、性、人種にかかわらず外傷、中毒、脳卒中、脳腫瘍、発生異常など

種々の原因で起ります。

てんかん発作が起る前に、前兆と呼ばれるある種の感覚や感情が引き起されることが多く

患者さんは自分の前兆を知っている場合が多いといわれています。

大発作は思春期に好発し、全身のけいれんや意識消失、四肢の硬直がみられます。

小発作では、6~12歳の女子に多く、5~15秒ほど瞬間的に意識が失われることが特徴的です。

1997年12月16日に人気アニメ番組「ポケットモンスター」を見ていた多くの子供達が、

体調異常をおこし、800人前後が救急車で搬送され、社会問題となりましたが

これは赤と青の点滅刺激が脳全体を興奮させておこる「光過敏性てんかん」と

考えられています。これは暗い部屋で強い光の点滅「フリッカー」を見たのが原因です。

てんかんには抗てんかん薬による内科的治療と外科的治療の2つがあり、

通常、内科的に薬物投与します。

一般的に、外科手術は抗てんかん薬による内科的治療で発作が抑えられない場合、

発作を起している脳の場所が同定でき、かつ人格や機能に影響を与えないことなど

特別な場合に限られます。

てんかん発作を持つ人でもその7割以上は発作が完全に抑制されており、

とくに問題のない健全な生活を営むことが出来るため、

2002年5月13日の道路交通法改正により、条件付きでてんかん患者が

自動車運転免許を取得できる道が開かれました。

発作が再発するおそれがないもの、発作が再発しても意識障害及び運動障害がないもの

発作が睡眠中に限り再発するものという条件を設けることで

今までてんかんということで、様々な制約を強いられてきた患者さんの

生活により潤いがもたらされると考慮されたのです。

こうしててんかん患者による免許取得の制度面の整備はなされましたが、

てんかんを罹患している旨は患者本人の自己申告に頼っているのが現状で

上記条件に合致しないてんかん患者が病歴を隠して違法に免許の取得・更新を行う

ケースもあるといいます。

もちろんこの就職難の時代ですから、てんかんであることを正直に申告して、

車の運転が規制されることで仕事に影響が出ることを避けようとして

免許の違法取得・更新を行っているのでしょうが、

原則として、法律では仕事としての運転を認めてはいません。

結果、重大事故を招く一因となっており、

2002年以降、てんかんの発作が直接の原因となった死傷事故が相次いだことから、

日本てんかん学会・日本てんかん協会・警察庁は、

てんかん患者の免許取得・更新制度の見直しを行っています。


もちろん、てんかんを持っている患者さんでもきちんと治療を行い

申告を行って、運転を含む日常生活を送っている方も多いはず。

しかし事故事例をみると、一部を除きほとんどが虚偽の申告や、

前兆があったにもかかわらず運転を続けていたなど、

自己中心的なものであったケースもあるようです。


この問題を解決するのは、非常に難しいのではと思います。

きちんと管理できている患者さんでも、もしかしたらという不安はあるはず。

しかし、いつ起きるか分からない病に生活を制約されては

日常生活にも支障が出るし、かといって手当をもらうのも

難しいし、やはり多少なりとも世間の厳しい目もあると思います。

また、虚偽の申告をした方は言語道断でしょうが、そうせざるを得ないこの不景気。


もちろん、その結果事故を起こし、一瞬で人の命を奪ってしまう。

そして、罪に問われない場合もあることを考えると理不尽さを感じますし、

飲酒運転同様、厳罰に処すべきだと思いますが、

では、てんかんは全て駄目だとするのは短絡的ではないでしょうか。


もちろん、難しい問題だからこそこれほど長い間議論がなされているのでしょうが

今後の経過を見つめていくと共に、

わたしもドライバーとして安全運転に努めたいと思います。





スポンサーサイト

テーマ:実用・役に立つ話 - ジャンル:趣味・実用











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
先日、京都・祇園で起こった乗用車の暴走事故で注目されたてんかんという病気。捜査が進むにつれて、てんかんとの因果関係はなかったようですが、一年前にも栃木県鹿沼市でクレーン...
2012/05/23(水) 02:37:23 | まとめwoネタ速neo

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。