黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
福知山線脱線事故から7年。


※一部内容を変更しています。

乗客106人と運転士1名が死亡し、562人の負傷者を出した

兵庫・尼崎市のJR福知山線脱線衝突事故から今日で7年が経ちました。

images (5)

事故現場となった尼崎市久々知にある福知山線沿いのマンションの献花台には

朝早くから多くの遺族やJRの関係者らが追悼に訪れました。

images (6)


現場から50メートルほど離れた先にはJR西日本が設置した献花台があります。

images11_20120531190543.jpg

ここで、事故のことを風化させないためにも、事故を振り返ってみたいと思います。

images (10)


事故が起きたのは、2005年4月25日。

塚口駅から1kmの位置にある尼崎市久々知の半径300mの右カーブを(制限速度70km)

116km/hという速度で進入したと見られている。


images_20120531190821.jpg

9時18分、列車はカーブを曲がりきれず、7両編成のうち前5両が脱線し、

先頭の2両が線路脇にある9階建てマンション「エフュージョン尼崎」に激突。

先頭車は片輪走行しながらマンションの1階駐車場へ突入して

駐車場の乗用車を巻き込みながら壁に激突。

images (3)

続く2両目も片輪走行しながらマンションに側面から叩きつけられ、

加えて3両目に追突されたことによって、建物に巻きつくような形で大破。

犠牲者の多くは1両目か2両目の乗客だった。

images (13)

事故発生直後、いち早く現場へ駆けつけて救助にあたったのは

近隣の住民や、日本スピンドル製造株式会社の従業員達。

20050425-4-fc23c.jpg

現場に駆けつけた人々が見たものは凄惨な光景だったという。


images (11)

救急医療関係者が事故現場周辺でトリアージを実施した。

images (7)


images (1)

徹夜で続けられた救助作業は事故発生から3日後の4月28日に終了した。

特に1両目と2両目の救助は困難を極めた。

images (14)

数十センチという狭い隙間に10人ほどが押し込められており、

原形をとどめていない列車の外壁には、判別不能な遺体が張り付いていた。

遺体は体育館に収容されたが、損壊が激しく身元が分からない遺体が

多数安置されていた。

中には体の一部分しか発見されず、何人分なのか分からない遺体もあったという。


事故から約半年後にマンションの住民有志らが犠牲者の冥福を祈って、

1両目が突っ込んだマンションの駐車場に高さ約1mの地蔵を建立した。


JR西日本は電車が激突したマンションを買い取り、慰霊碑を建てることを検討していると発表。

しかし、買い取りを望んでいない住民もいて、現場マンションは取り壊されていない。


以上各種報道記事・および手記から抜粋しました。

一部Wikipediaの内容と重なる部分があったため訂正しています。




この事故は日頃利用する機会があるJR在来線の事故ということもあり

私の脳裏に深く焼き付いています。

報道では救出劇のみがクローズアップされ、

事故の悲惨な様子は伝えられませんでしたが、

列車の内部は凄惨なものだったと語られています。

肉片が飛び散り、性別も分からない遺体。

被害に遭った方はもちろん、遺族や救助に当たった人の心理的苦痛は

計り知れません。

そして、死人に口なしとばかりに、糾弾された運転士の家族のことを思うと

やるせない気持ちになります。

怒りの矛先を一体誰に向けたら良いのか?

事故後JR職員を狙った卑劣な犯罪も多数起きました。

自分だけ助かったという罪悪感に悩まされたり、自ら命を絶った人もいます。

事故の起きたカーブには、事故後ATSが取り付けられましたが

やはり速度違反があるようです。

日頃は早く来れば良いのにと思う電車。

でもそれは安全があってこそ。

いまも福知山線の傍らに佇むマンション。

自由の代償を警鐘してくれているのではないでしょうか。





スポンサーサイト

テーマ:今日は何の日? - ジャンル:ニュース

このコメントは管理者の承認待ちです
2015/02/05(木) 22:28:23 | | [ 編集]










管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。