黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
姉と大阪USJ&海遊館旅行⑥ 海遊館へゴー♪


姉と大阪USJ&海遊館旅行⑤ ホテル紹介&2日目の朝 の続きです。


海遊館に到着し、今から中に入っていきます。


DSC07325.jpg


入ってすぐ、史上最大のサメであるムカシオオホオジロザメの歯型が

展示されてました。人間が3人は軽く入る巨大な口です。


DSC07331.jpg


まず、入館者を出迎えてくれるのは「魚のとおりぬけ・アクアゲート」。


DSC07334.jpg


朝イチでいったので、スタッフの方がお掃除中でした。


DSC07335.jpg


朝早いと、水槽の水も澄んでいてキレイですね

DSC07337.jpg


アクアゲートを抜けると、ジンベイザメとの記念撮影コーナーがあります。

DSC07341.jpg


いつもは大混雑していますが、今日はガラガラでした。


続いて日本の森コーナーへ。

DSC07342.jpg


ここにはカワウソの仲間では最も小型といわれるコツメカワウソや、

DSC07345.jpg


オオサンショウウオが展示されています。

DSC07347.jpg



続いてアリューシャン列島のコーナー。


コチラにはカワウソの仲間であるラッコがいます


DSC07357.jpg


ちょうどお食事タイムだったので、珍しく陸地に上がっていました。


DSC07359.jpg


ベタ慣れですね


DSC07361.jpg


次はモンタレー湾のコーナー。


アシカとアザラシが楽しそうに泳ぐ中、まだ眠そうなお方が・・・

DSC07364.jpg


無防備すぎます・・・。まな板の上のアシカです


DSC07366.jpg


お次のパナマ湾コーナーもお食事タイムでした。


アライグマ科のアカハナグマです。


DSC07370.jpg


みんなでもぐもぐご飯を食べてました。

DSC07371.jpg


エクアドル熱帯雨林コーナーには、全長2メートルほどもあるピラルクや


DSC07382.jpg


アマゾン川流域に生息する世界最大のネズミの仲間カピバラもいます。

DSC07384.jpg


南極大陸のコーナーでは、オウサマペンギンなど数種類のペンギンたちが

雪浴びを楽しんでいます。


DSC07388.jpg


気持ちよさそうでしたよ♪


DSC07393.jpg


タスマン海のコーナーではカマイルカたちがお出迎え。


ちょうどお食事タイムでもあったので、待機していると

ダイバーさんがぞろぞろと歩いてきました。

それを見て喜んでジャンプするイルカたち。

DSC07400.jpg

海遊館のお食事タイムは一風変わっていて、

水中のイルカたちの様子を見学することが出来ます。

DSC07403.jpg


飼育員さんとべったりですね。。。

DSC07414.jpg


日頃見せない表情を見せてくれるイルカたち。


DSC07419.jpg


ところで、さっきから飼育員さんがイルカを触ってばっかりいるのは


なぜだろうと疑問に思っていると・・・


DSC07416.jpg


ご飯をあげるときに、触診を行い体調の変化を確認しているとのこと。


DSC07423.jpg


ボディチェックも終わり一安心ですね


DSC07430.jpg


続いて太平洋のコーナー。

地球の表面積の1/3を占める世界最大の海太平洋の雄大な光景を大水槽で表現。

この水槽ではジンベイザメが悠然と泳ぐ姿を見ることができます・・・


DSC07439.jpg


って・・・あれれ?


ジンベイくんがいません


係員の人の話しによれば、マイワシ約3万匹を水槽に入れて生態系が変わるので


環境の変化に敏感なジンベイザメを健康に飼育するため


昨日、5/6に高知県にある研究施設「大阪海遊館 海洋生物研究所以布利センター」に


ジンベイザメの遊ちゃんを輸送したらしい。。。


うぉぉ・・。こんなことなら昨日海遊館に来て


今日がら空きのUSJに行けば良かった。。。


気を取り直し、アシカやアザラシの遊泳姿を


写真に収めることに燃えました。


DSC07449.jpg


コチラはゴマフアザラシ。


DSC07466.jpg


何となく眠そうなゴマちゃんと・・・


DSC07511.jpg


一緒に遊ぼうよ♪とテンションマックスのアシカくんが対照的でした。



DSC07479.jpg


海遊館に隣接する大阪天保山特設ギャラリーで開催される「ツタンカーメン展」に

賛同した特別企画としてエジプトの生き物展があっていました。


DSC07523.jpg

エジプトに生息する「オブトアレチネズミ」や「ヨツユビハリネズミ」

古代魚「ポリプテルス・エンドリケリー」や、

古代エジプトでネイト女神の化身とされた「ナイルパーチ」、

淡水フグ「グローブフィッシュ」、

古代エジプトにおいて"再生""復活"の象徴である聖なる甲虫として崇拝された

「スカラベ(フンコロガシの仲間)」の展示があってました。


DSC07519.jpg

サハラ砂漠には、移動力に優れたフクロウやトキなどの鳥が生息しており、

「メンフクロウ」も展示されていましたよ。


DSC07522.jpg


クック海峡コーナーにはアカウミガメ、


DSC07536.jpg


日本海溝コーナーにはタカアシガニが展示されています。


DSC07540.jpg



さて、ラストはふあふあクラゲ館。

DSC07544.jpg


ふあふあクラゲ館では、日本沿岸に生息するクラゲを中心に12種約600点を展示してあり

水中を漂いながら生活する「クリオネ」も展示してありました。


DSC07545.jpg


以前相方さんと海遊館に来たときに、クラゲ飼いたいと言ってたけど・・・

やっぱり難しそう。。。


DSC07557.jpg

こうして約3時間半かけて海遊館見学。


DSC07559.jpg


ほんとは、道頓堀に行く予定でしたが、時間もないので


海遊館のお土産ショップをぶらぶらしてから、


観光船サンタマリア号に乗ることにしました。


話しの続きは、姉と大阪USJ&海遊館旅行⑦ サンタマリア号で大阪とお別れ にて。


スポンサーサイト

テーマ:国内旅行記 - ジャンル:旅行











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。