黒プーあるのダイエット日記
やんちゃ息子の黒トイプードル「ある」と、万年ダイエッター☆であるメタボな管理人と、ちょっぴりシャイでゲーマーな相方さんとの、ほのぼの日記です(^^)あるの画像メインの日記やグルメレポ、ヘルシーで美味しいレシピ、趣味の旅行や映画レポをぼちぼち掲載しますので、ゆっくりしていって下さいね(^^) 訪問された際にコメントや足跡を残して下さると嬉しいです♪

お知らせ

―毎日消えていく小さな命があります―

 可愛いワンコ時計 

ブログランキング参加中

もし良かったら応援のポチッ宜しくです(^。^)

今までのお客様数

最新記事

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

カテゴリ

黒プーあるくんの日記 (75)
つれづれ日記・写真 (111)
マイブログに関するお知らせ (23)
映画レポ (57)
レシピ (76)
医学情報・尿酸レシピ (23)
外食・グルメレポ(食べログ掲載) (52)
家族・職員旅行 (40)
相方さん&あるとの旅行レポ (17)
わんこOKの飲食店・カフェ (1)
ドッグラン・わんこOKスポット (4)
時事・芸能ニュース (47)
美容・ダイエット (20)
ヨシケイ (33)
東北地震支援・ニュース (8)
未分類 (1)

プロフィール

あるっぺ

Author:あるっぺ
名前 ある
H21年8月1日生まれ
性格 甘えんぼ
趣味 昼寝 
特技 ペロペロ攻撃

食べログ♪

ツイッター

最新コメント

最近のお客様

このブログをリンクに追加する

広告♪(^^)

いぬのきもち

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

最新トラックバック

AdSense広告

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
映画 「ディア・ドクター」
今日は映画『ディア・ドクター』の紹介です

images_20110428231301.jpg

『ディア・ドクター』は、2009年6月27日に公開された西川美和監督の映画で


笑福亭鶴瓶さん初主演映画です。


キャッチコピーは「その嘘は、罪ですか。」。


前々から気になっていたのですが


ようやく借りれました

あらすじ―

山間部に位置する人口1千余人の小さな村・神和田村にある


村営診療所から村の唯一の医者・伊野治(笑福亭鶴瓶)が失踪する。


伊野と数年来診療を行ってきたベテラン看護師の大竹朱美(余貴美子)や、

imagesCA3L6XU6.jpg 1


地域医療を学ぶため、2ヶ月前から神和田村診療所で働いていた


研修医の相馬啓介(瑛太)は突然の伊野の失踪に困惑するばかり。


imagesCA0TOTOF.jpg imagesCA79C488.jpg
やがて村の依頼を受けた警察がやってきて伊野の捜索を始める。


しかし、捜査を続けるうちに誰も伊野の背景を知らなかったことが明かされる。


かつて、神和田村には医者が一人もいなかったが


伊野が村にやってきてからは、いろいろな治療を一手に引き受け、


更には老人達の良き話し相手になってくれ、村人に慕われるようになる。

imagesCAT7LHBM.jpg imagesCA8A2VZE.jpg


そんなある日、伊野は鳥飼かづ子(八千草薫)という


一人暮らしの未亡人を診察する事になった。


imagesCAC93EUP.jpg

伊野の診療を受けるうちに次第に彼に心を開いていったかづ子。


そんな折、かづ子が胃癌におかされていることが判明。


伊野は手術治療を受けるようにすすめるが


かづ子は「自分の家族にがんではないと、嘘をついて欲しい」と頼む。


かづ子は夫を病気で亡くしており、


すでに独立している娘たちに迷惑はかけられないと


伊野の説得にもかかわらず、かづ子は服薬のみの治療を希望する。

3

伊野は仕方なくかづ子の頼みを引き受ける。


しかし、同時に伊野が隠してきたある「嘘」が


次第に浮かび上がっていくことになる。


キャスト―

伊野治:笑福亭鶴瓶

相馬啓介:瑛太

大竹朱美:余貴美子

鳥飼かづ子:八千草薫

鳥飼りつ子:井川遥

斎門正芳:香川照之

波多野行成巡査部長:松重豊

岡安嘉文警部補:岩松了

曽根登喜男:笹野高史


原作 監督・脚本:西川美和
「きのうの神さま」(ポプラ社刊)


感想

この作品は、過疎化のすすむ村を舞台に描かれており


過疎化ゆえの問題だったり、家族背景だったり


身近な問題をベースに物語が進んでいくので


すごく入り込みやすかったです。


しかしながら、前半に人間模様が鮮やかに描かれていた分


ラストはなんとなく不完全燃焼といった感じが…


答えを出せるような内容ではないので


明確なラストでは味気ないのでしょうが


もう少し丁寧な終わり方が良かったかなぁ。。。


ストーリー的にはよかったけど


個人的にはあとひとひねり欲しい映画でした。。


詳細はこちら↓をクリックしてね(´▽`)

西川美和監督最新作『ディア・ドクター』公式サイト
スポンサーサイト

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画











管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:

copyright 2005-2007 黒プーあるのダイエット日記 all rights reserved. powered by FC2ブログ. designed by sherrydays.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。